妄 想 ビ ス ケ ッ ト

バイクのこと、日々のこと、その他諸々がつまったワタシ劇場です。(スマホでご覧の方はPC表示に切替えた方が読みやすくなると思います。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2019年 東北グルッと2700kmの旅(番外編〜コータロやらかし事件簿)

どうも。お疲れさまです。長い長い本編が終わってホッとしているところだと思いますが、残しておいたコータロやらかし事件簿のお時間です。やらかし1本目は4月28日、旅の初日のことでした。

 

富山県入善町の高台にある舟見城跡での観光を終えた私たちは、朝日ICから北陸自動車道に入り、宿がある新潟市内を目指して順調に走っていました。新潟まであと少しという所で渋滞が発生したので、予定していたICよりも1つ前のICで北陸道を降り、あとは国道8号線を使って新潟市内を目差していたのでした。

 

信濃川を渡る辺りから先は新潟バイパス(国道8号線がそのままパイパスに繋がっていて市内中心地まで楽に行ける)を走りました。バイパスをそのまま進むと新潟市内を抜けてしまうので、宿へ向うにはどこか適当なICで降りなければならないのです。で、ほんとに適当にバイパスを降りたら宿はまだ少し先でした(゚ー゚;

 

Uターンしてもう一度バイパスに乗ろうと思ったのですが、一旦停車したついでに宿までの道をコータロがスマホで再確認。外灯の下で老眼鏡を出してやっとやっと地図を読み、もう1つ先のICで降りることを確認して出発することにしました。その際、スマホは胸のポケットに入れたのですが、何故か財布だけを胸のポケットからバイクのシートバッグへ移し変えた(と思われる)コータロ。宿のフロントで胸ポケットから財布を出すよりシートバッグから出したほうが楽だと思ったのかもね(たぶん)。

 

Uターンしてバイパスに戻り、次のICで降りました。さっき停まったところより明るい場所に再度バイクを停め、宿までの道もう一度だけ確認(;^_^ 私、慎重派なんです)。

 

ふとコータロを見ると「アナタ!σ゚ロ゚)σ 何かやらかしたでしょ?」みたいな感じでバタバタやってました。その時のなんかバタついた感じをイラストでまとめてみました。(イラストはクリックで拡大)

2019東北の旅

(イラストで表現しやすくする為、実際と違う点もありますが概ねこんな感じだった)

財布はやはり前に停車した場所に落ちていたそうです。よかった!暗くてよく見えなくてファスナーを閉め忘れたのね。で、Uターンする時に段差を越えた衝撃で財布がポケットから飛び出したんだろな。

 

財布はシートバックのポケットから落ちた弾みで車道に出たのか、車に踏まれていました。財布の外側のポケットに入れておいたガソリンスタンドのカードだけが踏まれた時に弾け飛んで無くなっていました。暗くて人目につかない場所だったから誰にも拾われず、落とした本人が発見してすぐに無事回収できたから良かったものの、まったくほんとに人騒がせなやっちゃ!反省するざます。

 

財布回収の後、レプソルのヘッドライト球を交換し(←これはまぁ消耗品だから仕方ない(゚-゚)ウンウン仕方ない)、そこから数百メートル先の警察署にカードの紛失届を出してから宿へ向いました。チェックインが遅くなったのはそのせいで、旅の初日の晩ご飯がカップ麺になったのもそのせいなのでした。宿周辺のご飯屋さんは軒並み閉店してたしね〜(ノε`)

 

ちなみに!ガソリンスタンドのカードですが、後日、警察署から送られて来ました。どなたかが拾って届けてくれたそうです(^-^*)

 

やらかし2本目は4月30日、旅3日目のことでした。

秋田県の宿から青森県へ移動し、三沢市の航空科学博物館を見学した私たち。見学を始めた頃は曇り空だったのですが、3時間ほど見学して外に出ると雨が降り出していました。他にも観光したい場所や走りたい道はあったけど、雨なので宿がある岩手県盛岡市まで高速道路で一気に移動する事に。

 

高速に入る前に給油をしておきましょうということでガソリンスタンドへ立ち寄ったのですが、そこで旅2つ目のやらかし発生。こちらもイラストにしてみたよ。

2019東北の旅

(↑この時点でもぅオチが見えている・・・・)

2019東北の旅

(・・・・ね?)

2019東北の旅

(言った言った!キミが言った(*・д・)σ)

倒さずに耐えるか?と思ったけど倒れてしまいました。軽い立ちゴケだったのでバイクへのダメージは無し。足や手首を捻ることも無くケガは無し。だけど心へのダメージは大きかったようなので優しくフォローしておきました。

 

   

('-'*)フフ。後になればこれも「あ〜、あんなことあったね!」と笑える思い出の1つになるので大丈夫大丈夫!

 

イラストでは右側に倒れて行ってますが、実際は左側でした。逆に描いちゃったよ。ステップ(とコータロの足)が倒れて行くバイクを支えたみたいです。点検するとステップの先が少し削れていました。

 

その後、何事もなかったように旅を続け、立ちゴケの2日後に立ち寄った会津若松のガソリンスタンドでステップに違和感があったので見てみると、ボルトが緩んでいました。

2019東北の旅

工具を貸して下さったスタンドの方、助かりました(*^^*)ありがとうございました。

 

やらかし事件簿は以上です。

| ツーリング | 22:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
2019年 東北グルッと2700kmの旅(その8)

スマホでご覧の方はが“PC表示に切り替え”てから読んでね。スマホ表示だとページがぶつ切れになりすぎて読みにくいです。

(前の記事から読みたい方は→ その1その2その3その4その5その6その7へ)


★7日目★2019年5月4日(土曜日)

最終日は水色で着色したルートを走りました。

2019東北の旅

ついに線が繋がりました('-'*) 初日の653kmはけっこう大変だったけど、後半は短い距離を繋ぎながら走ったから体力的はそれほどきつくなかったです。振り返ってみると一番きつかったのは2日目かな。男鹿半島から宿までの夜間走行がけっこうきつかったね(その3)。

 

さて。では最終日レポいってみます。

その1からその7まで長文でギュウギュウ詰め込んだ旅レポをお届けして来ましたが、最終日のレポは短くまとめます。なぜならば、最終日はただ帰るだけのツーリングだったから。

 

まずは朝ご飯の前に諏訪湖畔を散歩。

2019東北の旅

左:諏訪湖に建つ像の写真をローアングルで撮ろうとがんばる私。

右:ぽつーんと佇む旦那さま。

 

ちなみに私のポーズはこれを真似してみたのですよ。

2019東北の旅

比べて見るとぜんぜん違うわっっ

 

湖畔の散歩の帰りに片倉館に寄り道。水に映ってきれいだった!

2019東北の旅

熟睡中の鴨が二羽いますが見える?声をかけてもぜんぜん起きなかった。

ホテルに戻って朝ご飯

8時30分頃にチェックアウト

出発直前にツーショット撮影

2019東北の旅

ここ誰んちよ?みたいな場所で。東のおばソル(akemiちゃん)と西のおばソル(megumiちゃん)のツーショット。

 

再会したら一緒に撮りたいポーズがあったのに、はしゃぎ過ぎてそのことすっかり忘れてました(・ε・) また会えると思うし、その時は変なポーズで写真を撮りっこして遊びたいと思います。

4台で諏訪IC前まで一緒に走って

諏訪IC前で流れ解散。ばいばーい!またねー!

akemiちゃんたちは一般道で東へ、私たちは中央道で西へ。

中央道を快走し小牧Jctから名神高速に入って

伊吹PA(滋賀県)で休憩

2019東北の旅

ここまで来ると「帰ってきたな」って感じになるけど気は緩めず走る

ぜったい渋滞してるわ!と思った大津SAから京都までが渋滞ゼロで

13時を過ぎた頃に無事帰宅(^-^)

 

とうことで、これにて2019年東北グルッと(約)2700kmの旅レポ終了でーす。(総走行距離は653+497+299+371+303+222+373=2718km)

あまり体力が無いから秋田県まで片道はフェリーを使わないとキツイかなと思ってたけど、なんとかなった!そもそもフェリーチケットが取れなかったしね(乗船予定の二ヶ月前に開催されたチケット争奪戦に負けたの(T△T))。

 

積雪や凍結で走れなかった道や雨で視界真っ白で見ることができなかった景色もあったけど、久しぶりの超ロングツーリングはホント楽しかったです!バイクでしか行けない場所じゃないけど、バイクだからの感動ってのはたくさんあったと思うのです。特に男鹿半島の寒風山の道の、空へ駆け上がっていくようなあの感覚とか最高だったなぁ。できればあの場所はもう一度行きたいと思う。

2019東北の旅

写真で感動が伝わらないのが残念ですが、好きな写真なのでもぅ一回出しとく。今度行く時はもちろん夜間走行無しの余裕の行程でネ(;゚∇゚)/

 

旅そのものも楽しかったけど、7日間の事を思い出しながら旅レポを書くのも楽しかった!文字にすることで旅のシーンが鮮明に蘇って、まるで旅をもう一回しているような気持ちになれました(←大袈裟でなく本当にそんな気持ちになれました)。長い旅レポ、最後まで読んでくれてありがとう。ちゃんと読んだかどうか後で抜き打ちチェックしますよ〜〜!

 

本編おしまい。

(番外編につづく。かもしれない。)

| ツーリング | 10:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
2019年 東北グルッと2700kmの旅(その7)

(前の記事から読みたい方は→ その1その2その3その4その5その6へ)

(スマホでご覧の方はが“PC表示に切り替え”てから読んでね。スマホ表示だとページがぶつ切れになりすぎて読みにくい。これ、なんとかならないのかな?)

 

その7まで来ました。この旅レポもそろそろゴールが見えてきました。文章がダラダラ長いだの、字が多すぎるだの、日本語がなっとらんだの、文句を言ってたくせに「ゴールが見えてきた」とか聞くと急に「え?もぅすぐ終わるん?もっと読みたいよ」って寂しくなってしまいますよね?ね?ね?

 

そんな方の為に、今回もたくさん詰め込んで行かせていただきます。

 

★6日目★2019年5月3日(金曜日)

6日目は濃い緑色で着色したルートを走りました。

2019東北の旅

群馬からなら一気に大阪まで走ればいいのにと言われそうですが、ムフフフフ。そんなもったいない事ができない理由が6日目にはあったのですよ。その理由を書く前に、まずは群馬での朝一の観光のことから書きますです。

 

9時30分頃。一晩お世話になった前橋駅前の宿を出発した私たちは、JR信越本線の安中駅へ向いました。宿からは昨夜も走った国道17〜18号線を使えば15分程で到着です。なぜ安中駅に向ったかといいますと、

 

↓これですこれです↓これを見るために立ち寄ったのですよ。

2019東北の旅

「SLぐんま よこかわ」(詳細はコチラで)観光SLと呼ばれているものです。

 

この旅のルートを考えている時にコータロが「群馬に行くならSLが走ってるとこ見たいなぁ」と言っていたのですが、その希望きっちり叶えました。前の晩に前橋駅周辺を散歩した際、駅の観光ポスターで時刻表をチェックして、タイミングがちょうど良さそうな駅が安中駅だったのでツーリングの途中で立ち寄ることにしたのでした。

 

遠くに黒い小さな点が見えたとき、なぜか胸が高鳴りました。私はSLにはそれほど興味はなかったのに不思議な感覚でした。姿とか音とか匂いとか、ジワジワ感動が押し寄せて来る感覚でした。

2019東北の旅

めちゃくちゃカッコイイ!と思ってしまった!なに、この鳥肌が立つ感じ。ついでで悪いけどぐんまちゃんカワイイ(写真左下だけど小さくて見えない)。

 

D51 498はもともと貨物列車を引くための機関車としてつくられたそうです。客車を引くためにつくられたものと比べると動輪の大きさと数に違いがあるそうな。D51 498は小さい動輪が4軸。動輪が小さいと、走りに粘りが出て坂道に強くなるんだそうです。客車を引く方は動輪が大きくて振動が少なくて乗り心地に違いがあるようですよ。

2

初めて動いているのを見たからなのか?感動しっぱなしでした。出発進行の汽笛は特に心に染み渡ったわぁ〜。ええもん見た!今度は乗る方で感動したいねぇ。

 

朝一の観光おしまい!ここから「おばソル再び編」スタートです。

 

話はちょっとだけ遡って3月頃のこと。

何年か前にSNSで繋がった私と同じバイク(CBR1000RRレプソルエディション)に乗るライダーさんが群馬県にいるのですが、その方と「5月の連休にコータロと2人で群馬に行くから会えたらいいなぁ」みたいな事を話していたのですよ。その方とその旦那さまとは2年前に福井県で一度会っているのです。もし今回会えれば2年ぶりということになります。

 

5月の連休が近づいたある日、私たちの旅の行程や宿泊ホテル等を教えたところ、「めーたん達が泊る長野の同じホテルが空いてたから、私たち夫婦も同じ日に予約したよ!」との嬉しいお知らせをいただいたのでした。この時点でお互いテンション上がりすぎて眠れない夜が続きました(ΦωΦ)目がギンギン!

 

いや寝たけどね!

 

そして迎えた5月3日。SLを見た安中駅から30分くらい北西の方向に走った場所にある国道406号線沿いのセブンイレブンにて、会いたかった2人と無事再会できたのでした(*´∇`*)わーいわーい!駐車場に2人の姿を見つけた時は自然に笑顔になりました。もぅね、なんか感激しちゃって二年ぶりの再会の写真を撮るのすっかり忘れてしまったわい!!!!

 

ということで!ムフフな4台でのツーリングが始まりました。

頭の中が日本地図、という道を知り尽くした旦那さまの先導で二度上峠を越えて北軽井沢町へ。ちなみに二度上峠は浅間山や榛名山までが見渡せる景色最高の峠です。クネクネの上り坂を終えて、さぁ今から下りに入るというところで目の前にドーンと現れる浅間山には感動した〜!

 

峠を下って北軽井沢の町に入り、下から浅間山を見渡せる絶景ポイントに連れて行ってもらいました。

2019東北の旅

(クリックで拡大)

ほんと絶景だった!

 

↓私が会いたかった人↓akemiちゃん('-'*)私と同じレプソル乗り。

このエレガントな後ろ姿!だけど走り出すとめちゃくちゃ豪快にアクセル開けるからビビる!

 

で、旦那さま('-'*)きらいな食べ物はニンジンのK1300S乗り。

2019東北の旅

このポーズで素敵な写真をたくさん撮ってくれました。

 

撮影休憩の後、牛乳屋さんで美味しいソフトクリームを食べて、六里ヶ原側から浅間広域農道でつまごいパノラマラインへと走りました。パノラマライン、大好きです。ここをakemiちゃんと一緒に走れるなんてネ〜〜〜嬉しかったなぁ。

 

パノラマラインの愛妻の丘で休憩を挟んだ後、長く伸びるまっすぐな道でも撮影休憩。

2019東北の旅

カメラをガン見するおばさん2人。

 

そうなんです!レプソルに乗るおばさんだから「おばソル」なんですよ。私たち2人と繋がりのあるライダーさんが付けてくれた呼び名なんですが、すっかり気に入ってしまったので使わせてもらっています(^▽^)

 

走るおばソル。

2019東北の旅

2人合わせて100歳越え(´ε`*)まだまだ走るで!(旦那さま撮影ありがと)

 

パノラマラインからは国道144(406)号線〜地方道94号線で湯ノ丸高原を越えて群馬県から長野県へ入り、東御市(とうみし)の道の駅雷電くるみの里でおやつ休憩。ここで食べた「くるみおはぎ」、美味しかったぁ〜〜!好きなおやつリストに入れときました。再訪した際はまた食べたいです。ていうか今すぐ食べたいわ!

 

おやつ休憩の後は40号線を一気に南下し白樺湖方面へ。左手に白樺湖とその周辺の観光地っぽいにぎわいを眺めながらいよいよビーナスラインです。この道はイイね!何度だって走りたくなる!

2019東北の旅

(クリックで拡大)到着したのは太陽が西の方にずいぶんと傾いた17時30分頃。雲を見上げたり、静かに飛んでるグライダーを眺めたり、遠くの山を見たり、走っていくライダーさん達に手を振ったり(←あとで聞いたら大阪の知り合いだった)、旦那さまの撮影姿を背後から盗撮したり( ̄∇ ̄)旅先の夕方の良い時間を過ごせました。

 

夕陽に染まるレプソル2台。同じ顔。

2019東北の旅

うむ。カッコイイです。

 

満足したので諏訪湖畔のホテルへ移動です。諏訪湖を正面に見ながら40号線を一気に駆け下りて上諏訪の町へ。町まで下りたら湖畔のホテルまではすぐでした。旦那さまの先導で迷子になることなく18時30分頃に無事チェックイン。おつかれさまでした〜〜(´▽`)

 

チェックインを済ませて荷物を部屋に置いた後、4人でホテルの正面にある片倉館の千人風呂で旅の汗を流しました。

2019東北の旅

大理石造りの浴槽は100人が一度に入浴できるほどの広さがあります。その大きさを千人風呂と表現しています。深さが1.1mもある浴槽の底には玉砂利が敷き詰めてあるのですが、砂利の上に立つと足裏に心地よい刺激。女風呂はガラガラだったので、玉砂利の上を何往復もしてお風呂を楽しみました。連休中だから大混雑だろな〜と思っていたのにガラガラ。ラッキーでした。旅先の温泉ってやっぱ良いね!一日の疲れが取れて体がほぐれて気持ちよかったです。

 

で、お風呂でサッパリした後は夜の部へ。宴会だ!ビールだ!乾杯だ!

2019東北の旅

ホテルのフロントのおねえさんオススメの居酒屋さん。ちょっと待たされたけどね、メニューが豊富でものすごく活気があって良いお店でした。冷え冷えのビールをみんなでゴクゴクと飲み干して、たくさん食べてたくさん喋って、たくさん笑った!

 

休憩のときもたくさん笑わせてもらったけど、みんなで酔っぱらった時の大爆笑はここ数年の爆笑の中でダントツだったかもしれません。だって、翌日、腹筋だけじゃなくてアバラ周辺まで痛かったんだもん。akemiちゃん、旦那さま、椅子から落ちるほどの大爆笑をありがとうございました。あ、もちろん先導とお土産と、カッコイイ後ろ姿もネ!2人のおかげでロングツーリングの最後の夜が最高にオモロイ夜になりました。感謝でいっぱいです。

 

居酒屋を出て、夜の上諏訪の町を4人で爆笑をはさみつつホテルへと戻り、6日目おしまい。楽しい時間はあっという間だなぁ。

 

 

その8、いよいよ旅レポ完結。その7で出し尽くしたので最後はサラッとまとめるつもり。

| ツーリング | 21:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
2019年 東北グルッと2700kmの旅(その6)

(前の記事から読みたい方は→ その1その2その3その4その5へ)

その6まで来ました。まだです。まだ終わりませんよ!今回のレポもかなりギッシリと詰め込んでお届けします。

 

★5日目★2019年5月2日(木曜日)

5日目は黄色で着色したルートを走りました。

2019東北の旅

いよいよ群馬に入りますよ。

 

朝6時起床。

会津若松市内のホテルで迎えた朝。昨夜からの雨がまだ残っていて町全体がしっとりしていました。ホテルから1kmのところに鶴ヶ城があるのでホテルのフロントで傘を借りてのんびり雨の中を歩いて行きました。

2019東北の旅

開城時間は午前8時30分〜午後5時まで(入城締め切りは4時30分)となっていたので、もしかしたら入れないのかな?と思ったけど奥のほうまでズンズン行けた。朝早かったから人が居なくて静かでした。砂利を踏んで歩く音が耳に心地良かったです。ちなみに天守閣は入場料が必要ですよ。鶴ヶ城(←詳細はコチラで)

 

散歩をしている間に雨は上がりました。雲は見る間に流れて行き、青空がブワーっと広がって来ました!

2019東北の旅

嬉しーーー!

2019東北の旅

青空はやっぱり嬉しいです。

 

傘をたたんでスキップでホテルに戻り、美味しい朝ご飯をモリモリ食べてから5日目のバイク旅スタートです。この日走る距離は300kmの予定。天気も良いし渋滞する道は走らないから、この距離ならあちこち寄り道しても日暮れ前には群馬の宿に行けますな!

 

ということで、朝一、いきなり観光です!ホテルから10分で到着したのはさざえ堂

2019東北の旅

 

2019東北の旅

寛政8年(1796)、福島県会津若松市の飯盛山に建立された六角三層のお堂です。高さは16.5m。正式名称は「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」というそうですよ。

 

かつては独特な2重螺旋のスロープに沿って西国三十三観音像が安置されていたそうです。このお堂をお参りすることで三十三観音参りができるといわれていたそうな。中は上りと下りが螺旋状(?)の一方通行で、参拝者同士がすれ違うことがないのですよ。世にも不思議な二重らせんのスロープはダビンチ先輩もスケッチに描いていたそうですが、それが実在するのは世界でここだけだそうです。へぇ〜〜〜〜〜!

 

朝一の観光おしまい!群馬への移動を開始します。

 

会津若松ICから会津坂下ICまでの1区間だけ磐越自動車道を走り、そこから先は国道252号線(沼田街道)で、まずは新潟県魚沼市を目指します。

 

国道252号線は会津若松市から只見川沿いを通り、福島県と新潟県の県境となる六十里峠を越えて新潟県柏崎市まで繋がる道です。11月中旬から4月下旬にかけての約半年間は冬季閉鎖されるという、険しい山越えの道なのです。

 

さて。道の話はおいといて。

会津坂下ICから国道252号線に入り、右手に只見川の流れを見ながらしばらく走ると柳津町(やないずまち)に入ります。国道から脇道に入って少し進むと現れるのが「福満虚空藏尊圓藏寺」です。・・・・読むのを拒否したくなる難しい名前だ(・Θ・;) 円蔵寺(えんぞうじ)と短く読めばよいそうです。

 

下から見上げると↓こんな感じ↓

2019東北の旅

うわぁ〜〜、と思わず声が出ました。

2019東北の旅

(クリックで拡大)

階段を上がって振り返ると、只見川が見渡せました。SLをモチーフにした遊覧船も見えたよ。

 

そして、ついに会えました!赤ベコちゃん!かわいいよぉぉ(;∇;)

2019東北の旅

柳津は赤ベコ発祥の地なんだそうです。(詳細はやないづ観光Naviで読んでみてね)

 

私が並んで写真を撮ったのが、やないづ赤ベコ親子のお父さん「福太郎」です。写真はないけどお母さんは「満子」で子供は「もうくん」と「あいちゃん」です。

 

バイクも並べて写真を撮りました。

2019東北の旅

風で首がゆらりゆらりと動く姿がとても可愛らしかったです。

 

満足したので移動開始。引き続き国道252号線を進みます。

2019東北の旅

看板に魚沼の文字。美味しい米、そして美味しいおにぎりを連想してしまう看板ですな。

 

おにぎりの事で頭がいっぱいですが、まずは峠越えです。両脇に雪が残る道をクネクネ走りながら徐々に標高を上げて行きました。

2019東北の旅

田子倉ダムの休憩所(写真右下)でトイレ休憩。この休憩所を出たあと、田子倉湖畔のクネクネ道をクネクネクネクネ進むのですが、この辺りの残雪の山岳風景はすごかったです!スノーシェッドの下を通る時、雪解け水のあまりの水量の多さにはビックリした〜。

 

六十里峠を越え、福島県から新潟県に入りました。昔から難所と言われている場所で、今も峠周辺では崩落が多い日本有数の豪雪の道。ヘアピンカーブの連続で走り応えのある道でした。

 

六十里峠を越えて新潟県に入ると、そこから魚沼市に下りてくるまではけっこう早く感じました。ということで魚沼市ですなぁ〜〜〜。おにぎりを食べなければなりませぬ!

 

国道252号線から国道17号線に入り南へ南へ。国道沿いにある「うおぬま倉友農園 おにぎりや」に到着したのは16時をとっくに過ぎた頃でした・・・・・ずいぶん遅い昼ご飯ですこと(;゚∇゚) 

2019東北の旅

(けっこうな数の人が並んでいたのでお店全体の写真は無しです)

お店の奥でじゃんじゃんおにぎりを握っているようでした。レジがある窓口にはガラスケースが置いてあり、握りたてのおにぎりがどんどんそこに運ばれて並べられていました。お客さん達はそこから好きなおにぎりを選んで買う、というシステムです。

 

炊きあがる米の香りに包まれながら行列に並ぶこと約20分。来た来た!

2019東北の旅

美味ひかったーーーー!この写真見るとまた食べたくなるわぁ。窓口の隣のイートインスペース(っていうの?)でいただきました。もしかして注文すれば塩にぎりも作ってもらえたのかな?まぁなんでも良いけどまた食べたい!

 

さて。なんだかんだで時刻すでに17時。もぅのんびりはしていられません。高速道路を使って群馬までワープです。

 

おにぎり屋から再び国道17号線を南へ。湯沢ICから関越自動車道に入り、関越トンネルを抜けるとそこは群馬県!左手に赤城山の長く美しく広がる裾野を眺めながら走りました。前橋ICまで走る予定でしたが、10kmを超える渋滞が始まっているということで1つ手前の渋川伊香保ICで降りました。

 

群馬の道は渋滞なんかしないよ、と元群馬っ子の私は思っていたのですが、それは私が育った山の中の話でした。国道17号線で前橋市内へ続く道はめちゃくちゃ混んでたわ(」゚ロ゚)」西日を思い切り浴びながらゆっくりと宿がある前橋市内へと入りました。

 

このまま宿に向うのか、と思わせておいて、この日最後の寄り道です。前橋市から国道17→18号線で安中市へ。さっきおにぎりを食べたばかりなのですが、群馬に来たらやはり行っておきたいコータロお気に入りの店があるのです。

 

何年か前にも一度訪れた板鼻館。今回もタルタルソースカツ丼をいただきました。

2019東北の旅

注文して最初に出てくるのが小鉢に入ったタマゴ。小さなへらで好きなサイズにザクザク切ってタルタルソースを作るのです。で、ザクザクやってるあいだに主役のカツ丼が出てくるのですが、そこにタルタルソースを乗せて食べるのですよ。カツの下には甘目の味付けでしんなりクタクタニなったタマネギが隠れています。甘目のタレと、クタクタのタマネギとタルタルソース。想像を越えない味ですが、今回もペロリ完食。美味しかったです。ごちそうさまでした(*^-^)

 

タルタルソースカツ丼の後は寄り道なし。もぅ外は真っ暗ですから!来た道を前橋方面へ戻り、とっととチェックインを済ませ、風呂に入り、明日に備えて心の準備をしないといけないのです。

 

ということで旅レポはいよいよクライマックス!私のニヤニヤが止まらない「おばソル再び編」につづく!

| ツーリング | 23:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
2019年 東北グルッと2700kmの旅(その5)

(前の記事から読みたい方は→ その1その2その3その4へ)

 

東北グルッと2700kmの旅レポ、やっと半分終わりました。記事が長すぎてオラもぅ飽きたよ!とか思ってる方、それ気のせいです。あなたはまだ飽きてませんから大丈夫。引き続き読みましょう!

 

★4日目★2019年5月1日(水曜日)

4日目は青で着色したルートを走りました。

2019東北の旅

 

令和最初の朝が来ました。岩手県盛岡市、北上川の畔に立つホテルで迎えた朝は雨でした。ホテルでの朝食を食べる前にちょっと行きたい場所があるのでフロントで傘を借りて小雨の中を歩きました。

 

15分ほど歩いて到着したのがコッペパン専門店の福田パンさん。ここの餡バターがどうしても食べたくて、盛岡に行ったら買おうと決めていたのですが・・・・・

2019東北の旅

ものすごい行列w(゚o゚)w 行列が出来ると聞いていましたが、その列の長さにびっくりしました。開店直後だというのに店の中から外まで、横の道から裏の方までズラーっと長い長い行列が出来てました。

 

本店での購入は即あきらめて、リサーチしておいた別店舗へと向いました。

2

盛岡駅構内にあるイワテテトテト(←クリックすると食べログに飛びます)。こちらの店舗でも出来たて餡バターを買うことができるのです。こちらは行列無しですぐに買えました。よかったわぁ〜〜

 

コッペパンをゲットできた事で朝から一仕事終えたような達成感。気が楽になったので(大袈裟ね(゚ー゚;)、ホテルに戻る前に材木町を散策しました。

2019東北の旅

(クリックで拡大)

宮沢賢治にゆかりの深い光原社(注文の多い料理店の出版元)や、光や音楽をモチーフにしたモニュメント、賢治を描いた彫刻「石座」などが並ぶ静かな場所でした。盛岡で行きたい場所リストに入れておいた光原社 可否館に立ち寄れなかったのが心残りです。営業時間に合わせて行くことができなかったのでしかたない(;^_^)

 

ホテルに戻って朝食を済ませ、部屋で雨の走行に備えて準備を整えると9時30分になっていました。その頃になると雨は上がり、路面はまだしっとりしているものの、空には晴れに向う明るさが見え始めていました。

 

10時ちょい前。ホテルを出てすぐに給油を済ませ、盛岡ICから東北自動車道に入り、4日目の最初の目的地がある平泉を目指して走りました。すでに路面のほとんどが乾いていて、花巻市や北上市を通過する辺りではほぼ青空になっていたと思います。

 

東北道を走る車は少なくて、盛岡ICから1時間かからずに平泉前沢ICに到着できましたが、ICを降りてから中尊寺の駐車場までの一本道が大渋滞でした。さすが世界遺産。トロトロと進む列にたぶん30〜40分はハマッていたと思います。駐車場にバイクを置いて、金色堂へと続く緑濃い杉並木の中を歩き出したのは12時を過ぎた頃だったと思います。

 

4日目の目的地、中尊寺。青森県の三沢航空科学館と並んで、東北ツーリングでは必ず行こうと決めていた場所です。

2019東北の旅

なるべく人が写らないように撮影しているのでひっそりしているように見えますが、実際はものすごい人でにぎやかでしたよ。

 

境内は「中尊寺境内」として国の特別史跡に指定されています。「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録されたのは2011年のことだそうです。

 

そしてそして金色堂
藤原清衡が建立した阿弥陀堂で、上棟は天治元年(1124年)。建物の内外が総金箔張りであることからその名がついたという事ですが、平安時代の美術、工芸、建築の粋を集めたとされる佇まいは圧巻としか言い様のないものでした。夜光貝を用いた螺鈿細工には心惹かれるものがありました。鉄筋コンクリート造りの覆堂内の金色堂は撮影禁止。しっかりと目に焼き付けて来ました。

 

あ。そうそう。盛岡で朝のうちに買っておいたコッペパンですが、金色堂を見た後にバイクのところまで戻ってからピクニック気分で食べましたよ。餡もバターもたっぷりで、ずっしり重いコッペパン。美味しかったです(^-^) 大食いのキミが1人で2本食べたんだろ?と思った方、残念!コータロと仲良く1本ずつ食べましたよ。

 

ということで4日目の観光おしまい!中尊寺の後はこの日の宿がある会津若松市へ移動開始です。平泉前沢ICから再び東北道に入り、古川ICまで50kmだけ高速移動。そこから先は国道347号線を西へ西へと走りました。

 

国道347号線は中羽前街道とも呼ばれる峠越えの道です。宮城県から山形県にまたがる奥羽山脈の山中を縫って走るこの道、宮城県側からだと峠を越えるまでがやたら長く感じました。

2019東北の旅

山の中はまだ雪だらけ。気温はそれほど低くなくて寒さはぜんぜん感じなかったので何度も止まってのんびり写真を撮りながら進みました。

 

そうなんです。景色にいちいち感動して写真を撮りたがるからぜんぜん先に進まないのですよ。峠越えをやたら長く感じたのはそういう理由だったのかもね〜。

 

峠を越えて山形県に入ると国道347号線は母袋街道と名前を変え、銀山温泉の近くを通過しつつ尾花沢市へと入ります。

2019東北の旅

あの山は何て名前かなぁ民家が見えるとホッとするなぁとか言いながら道端で軽く休憩する、の図('-'*) こうやって止まるからぜんぜん先に進まないんだってば!銀山温泉はね、ほんとは寄り道したかったけどね、諦めた。また夜になっちゃうから(;゚∇゚)/

 

・・・・いや、寄り道しなくても夜になるかも。すでに時刻16時50分ですよ!(写真のプロパティで撮影時間を確認しながら記事を書いています)

 

休憩終了。出発します。

奥の細道で芭蕉が最も長く滞在したと言われる尾花沢の町を私たちはビャーーっと通過し、国道13号線を南へ。山形空港に近い東根ICから東北中央自動車道に入り、そこから先は国道13号線(米沢街道)と、ところどころ開通している東北中央自動車道を交互に走る感じで米沢市へ入りました。

 

米沢市からは信号がない国道121号線(会津街道)を快走!全長3940mの大峠トンネルを抜けると山形県から福島県に入っていました。トンネルと橋が連続する区間を過ぎると喜多方市です。宿がある会津若松市はもぅすぐそばなんですが、宿に向う前にラーメン食べときましょか!ということで喜多方のメインストリートを走ってみました。

 

が、しかし。営業しているお店を発見することが出来なかった(ノ_・、)シクシク

2019東北の旅

ここどこ?みたいな写真だけ撮って喜多方市を後にしました。

 

喜多方市から会津若松市までは国道121号線で10分くらいだったかな。

2019東北の旅

19時30分。ホテルニューパレスに到着。やっぱり夜になったね!

ホテルの前が野口英世青春通りと言われているレンガの道。写真ではわかりにくいかもしれませんがレンガなのですよ。車が走るとカタカタと独特の音が響いてました。

 

チェックインを済ませ、部屋で着替えて晩ご飯を食べるためにホテルの外に出ると、さっきまで降っていなかったのに細かい雨が降り出していました。バイクで走っている時に降られなくて良かった!ぎりぎりセーフだったみたいです。

 

フロントで傘を借りて、いざ、晩ご飯!

ホテルの近くを中心に、腹ペコで研ぎ澄まされた嗅覚を頼りに美味しそうなものを求めて20分ほどブラブラしました。

 

で、見つけた!南京(クリックで食べログに飛びます)。会津ぎょうざに惹かれて入りました。

2019東北の旅

餃子とビール、そしてラーメンをいただきました。

具がみっちり詰まったムチムチの大粒餃子と、和風だし(?)のラーメン、どちらも美味しかった!大満足のお店でした。また食べに行きたいなぁ。夏にまた行けるかなぁ?

 

お店を出ると雨は上がっていました。赴きある街をゆっくりと時間をかけて散策しました。

2019東北の旅

(クリックで拡大)

大正3年建築の白木屋漆器店(写真左上)や大正11年建築の旧郡山商業銀行若松支店(上段の真ん中)など、歴史的に重要な建造物を「歴史的景観指定建造物」として大切に保存している街並みが素晴らしかったです。はじめての会津若松。大好きな街になりました!また行きたいわぁ。

 

世界遺産や雪の峠道、美味しい餃子と歴史的景観の建造物などなど。なんだかんだでけっこう詰め込んだ4日目も無事終了です。そしていよいよ旅は後半戦!

 

その6「2000km走って会いに来たよ!福太郎」編につづく。

| ツーリング | 22:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
■Search this site.
■SPONSORED LINKS
■SELECTED ENTRIES
■CATEGORIES
■ARCHIVES
■RECENT COMMENTS
■RECENT TRACKBACK
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■OTHERS
<<new | 1 / 217pages | old>>